1日30分でつくるガンプラ。HGUCドム制作9日目はスミ入れと仕上げです。

ほんとはつや消しコートする前にスミ入れするつもりだったんですけど、すっかり忘れて先にコーティングしてましたね(^^;

でスミ入れとエッジのリアルタッチマーカー仕上げを終えたのが下記です。

R0010888

スミ入れ&リアルタッチ後

つや消しコート前の素組に近い状態の写真とつや消しコート後との比較写真が下記です。

やっぱりつや消し&スミ入れで雰囲気かなりかわりますね。

さて、今回つや消しコートを後で行うようにしてみたわけですが、正直組み立ててからつや消しコートって面倒ですね。

ちょうどいい持ち手を用意したり、立てておく台を用意したり…

ただその分合わせ目消しをした部分にひとつコーティングの層がのることで合わせ目が目立ちにくくなる効果もあるので、よりキレイに仕上げたいなら、やっぱり組んでからコーティングですかねぇ。

というわけでHGUCドムは1日30分で9日間で完成。合わせ目消しが少なかったのでその分作業減ったのかなって思います。

さぁ次は何をつくろうかな

 

株式会社RYUS代表。
2002年にXOOPSがきっかけでオープンソースCMSのカスタマイズをはじめる。(これが 今の仕事 のきっかけですな)
40代でロードバイクに目覚める→「40代からのロードバイク
現在はNetCommons3の開発に参加